上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

今日もいい日

不定期更新な日記だったり定期更新ゲーム『False Island』の日記だったり。 気分次第で更新、今日もいい日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺が動く時が、世界の動く時だ

はいどうも皆さんこんばんは。俺です。
最近とみに暑くなってきまして、夜とか寝苦しいですね。
うちはエアコンが壊れてるので扇風機オンリーです。あとはオープン・ザ・ウィンドウ。
2年前に千円で買って以来、随分と役立ってくれてます。
今年もお世話になるでしょう。
さて、実は先日ちょっと遠出して中国に行ってきました。



中国と言っても地方の中国ではありません
れっきとした中華人民共和国です。職場の元同僚が中国人で、故郷で結婚式をやるので来て欲しいといわれまして。
おもしろそうなのでプイーンと行きました。
空港から車で5時間。ナメてんのか中国。デカけりゃいいってもんじゃない。
延々と景色が変わらず、夜勤明けの俺には相当堪えましたね。
中国といえばすぐ連想されるのが交通ルールだと思いますが、実際目の当たりにすると大変です。
根本的に車線の意味がない。分離線上を走ってるなんてのはザラで、空いてると思えばいつでもそこに移動。
ウインカーなんていちいち出さずに余裕で二車線超えていく。
トラックが右車線走ってるし、路肩に牛がいたりするし。
まあ軽くカルチャーショックでした。市内に入るともう噂で聞くとおりで、歩行者はいつでもどこでも通りを横断します。
クラクションを鳴らされて車の位置を把握し、お互いにうまく避けていく。車も車で歩道走ったりするし。
ぶつけたりハネたりしなければどうでもいいって感じです。対向車線まではみ出しても平気。
クレイジータクシーとかやってた人ならそのまま運転できそうです。
交通もさることながら食の文化も違いました。向こうは基本的に残す文化なんですね。
お客さんは食いきれない量のごちそうでもてなす。飯屋に行ってもあからさまに食いきれない量が出されます。
みんな普通に残して席を立つ。出された物は残さず食えと教わった俺には心が痛かったですが、でも物理的に無理がある。
小籠包食ってから冷麺500gとか何の罰ゲームだよ。
結婚式でも同じで、丸テーブルの上いっぱいに並ぶ料理。置ききれなくなったら皿の間のところに重ねて新しい皿が。
もう何が何だかって感じになってました。
色々と新しい発見もできて楽しかったですが、まあ地元人の知り合いがいない限りもう行くことはないかな。
ちなみに帰りは別の空港からだったので5時間も車に揺られませんでしたが、悪天候のため成田でなく名古屋に着陸しました。
『な』しか合ってませんね。あと文字数か。検疫とか税関の関係で飛行機からは降りられず、雨が収まるのを待って再び成田へ。
大分時間を食ったおかげで仕事に遅刻してしまいました(超強行軍)。

さてそれでは溜まった日記の解説でもいたしましょうか。

『Promise from master』
カレンさんとのやり取りが一段落し、ようやく動き出した本編です。
敵役であるオスカーの描写を少し進めてあります。実際に黒風と関わった事件についてはまだ語られません。
そして出てきた黒い金剛石。これはダイヤモンドのことですね。完全球体のダイヤモンドなんて存在しませんので悪しからず。
クラウスの名前を覚えてた人はかなりの記憶力の持ち主です。過去の日記で一回出てきたっきりですから。
確かにその約束は石を探し出すことですが、真の約束はそのもう一つ奥にあります。
それはいずれ黒風自身で見つけるでしょう。
サブタイトルは師よりの約束、その真意とは。

『Black & Black』
黒風、異世界にワープ。突然現れた虎、トウコツ。出典は中国の伝説です。
説明がめんどくさいんで気になる方はググッてください(ねえ、解説なんだよね?)。
しかしこの異常な事態に動じないあたり、黒風は神経が太いんじゃないですね。
ただの無神経です。
サブタイトルは黒と黒。黒い風と黒い虎。

『Starve』
引き続きトウコツとの対話です。黒風を若返らせる案は偽島開始当初はなかったものですが、進めていくうちにそうした方がいいという結論に達しました。
トウコツが出てきたのはそのためです。
黒風の『餓え』は求めても得られないはずの寿命に対するもので、今までは考えたこともなかった類のものですね。
しかし今は状況が違います。誰だって好きな人とはずっと一緒にいたいじゃないですか?
サブタイトルはそのまま『餓え』。

『Too young to die』
そして若返り。この回からプロフ絵も変わりました。髪が真っ黒になってより精悍です。
黒風はそれなりに荒んだ若い頃を送ってたので、肉体のピークはかなり長期間維持してました。
聖闘士星矢によれば18歳がピークだそうですが、黒風の場合は30歳手前あたりから30歳。
ゴールドセイントならぬオールドセイントです。でも双子座のサガだって27歳なんだよなあ。
サブタイトルは意訳で、死ぬにはまだ早い。

『Old young tiger』
若返ったことに対するトウコツからの説明会です。じゃなかった説明回です。
黒風は今の状態は気に入ってはいますが、よくないとも思ってます。
なのでいずれ元に戻るでしょう。ただ身体能力の点を見れば今の状態の方が高い。
ということは……?
サブタイトルは年経た若き虎。

遺跡探索で組んでたPTが突然消滅したのでこの回から単独行動に入ってます。
そして技回数を振り忘れるというミス。
あーあまた外出なきゃ……

それでは諸君。
ぐっど・ないと。

テーマ:栗鼠ゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/07/03(木) 03:09:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<I believe you | ホーム | Old young tiger>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blackwind13.blog123.fc2.com/tb.php/86-7931392c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒風

Author:黒風
False IslandのE.No412 Blackwind。
中の人はヘビーメタルと刀を愛する超甘党。

最近の記事

最近のコメント

Blogpet

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。