上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

今日もいい日

不定期更新な日記だったり定期更新ゲーム『False Island』の日記だったり。 気分次第で更新、今日もいい日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Ice wall lady

島に来てからというもの、どうもバタバタしている。
若返ったりしたのはその最たるものだろう。
変化や事件というのは基本的に歓迎だが、こうも短期間に集中するとそれらに気を取られてしまう。
そうなると怖いのが、冒険者としてのイロハを忘れてしまうことだ。
目の前の事態に没頭して、いざという時に準備不足というのは締まらない。
こういう慌しい時にこそ、道具や装備を入念に手入れしておかねばばらないのだ。



「お?黒風よ、今日は潜らんのかや」
「うむ。今日は修繕や手入れをする」

胴鎧や手甲、脛当てといった装備品。寝袋やランプ、鍋などの備品。
傷みの出ている物もあるし、一日かけてしっかりと補修をしておこう。
トウコツは欠伸を一つして、テントの中に引っ込んでしまった。
まあ、こんな作業を見ていても面白くはないだろう。

致命的な欠陥や損傷の出ている物はなかった。
多少手を加えるだけで、どの道具もまだまだ使える。
予備の部品と取替えたり、継ぎをあてたりという程度で充分だ。
テントの前に青い敷布を広げ、俺にだけ分かる順序で道具類を並べていく。
さながら露店のようだ。
穏やかな日の当たる中、何時間か作業に没頭していると、近付いてくる複数の人影が視界に入った。

「……」
「……」
「……」
「……」

アンネローゼ、ガートルード、テレーズ、グリューネワルトの四人だった。
作業の手を止めて挨拶をするが、四人とも微妙な距離まで近付いたところで立ち止まってしまった。
怪訝そうな顔で俺を見ている。
俺が鍛冶の技術を若干持ち合わせていることは四人も知っているし、このような修繕作業を訝しむことはないはずだが。

「……黒風殿。一つ、お伺いしたい事があるのですが」

アンネローゼの声は少し冷たさを感じる。

「答えられる事なら答えよう」
「では、後ろで寝ている少女との関係についてご説明を」

反射的に振り向いた。
いつの間にテントから出てきたのか、トウコツが俺の上着を敷布に使って寝転がっている。
涎や洟提灯は見受けられないが、規則正しい落ち着いた寝息を立てていた。

「黒風さあ……結婚早々で女の子連れ込むっては、あたしはどうかと思うよ?」
「しかもこのような年端もいかない子を……うふふ、守備範囲が随分と広いのですね」
「待て、誤解だ。何もやましい事はないぞ」

その瞬間、視界の隅で金属が煌くのが見えた。
反射的に身を伏せると、頭の上を風切り音と共に、グリューネワルトの剣が通過した。

「貴殿は少々、いや大分痛い目を見たいようだな」
「誤解だと言っているだろう。まずは俺の話を聞け」
「ん……ん――♪」

俺の後ろでトウコツが寝返りを打つ。
猫科動物の習性だろうが、敷いている上着に頬ずりするのは勘弁してほしい。
俺は鎧と拳当てを掴むが早いか、躊躇なくその場から飛び退った。
案の定、一瞬前まで俺のいた場所に剣が突き刺さっていた。

「うわー……副長、本気だなあ」
「うふふ。アンネローゼはどうするの?」
「……黒風殿が『やましい事はない』と仰ったのです。私はそれを信じます」
「あらあら……でもあちらの方は信じてないようね」
「さーて、どっちが勝つかな」

「ん――――……♪」

テーマ:栗鼠ゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/05/07(木) 22:30:20|
  2. 偽島本編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Blue and Blue | ホーム | Butterfly blues>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blackwind13.blog123.fc2.com/tb.php/166-12359863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒風

Author:黒風
False IslandのE.No412 Blackwind。
中の人はヘビーメタルと刀を愛する超甘党。

最近の記事

最近のコメント

Blogpet

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。