上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

今日もいい日

不定期更新な日記だったり定期更新ゲーム『False Island』の日記だったり。 気分次第で更新、今日もいい日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月1日でさえ嘘ついていいのは午前中だけなのに。

はいどうも皆さん今晩は。俺です。

この記事を読む前に言っておくッ! 
おれはこの前京都の恐ろしさをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……

あ…ありのまま この前 起こった事を話すぜ!

『おれは京都に遊びに行ったと
思ったらいつのまにかオフ会に参加していた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をやってたのかわからなかった

頭がどうにかなりそうだった…

予定の勘違いだとか実は夢だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…



皆さんご存知とは思いますが、俺はカレンさんに相当お世話になってます。
前々から『オフとか抜きに京都に遊びに来たらいいじゃない』とお誘いいただいてました。
暖かくなって気候としても過ごしやすいこの4月の18.19、そんなわけで朝9時半に東京駅から新幹線。
なんというか久し振りにのんびりできるなあと思ってました。
ほら、大体オフ会ってのは殺伐としてるもんじゃないですか。
斬られたり刺されたり叩きのめされたり、俺の中でのオフ会ってそんなイメージ(※誤ったイメージです)。
でも今回はほとんど観光、文字通り友達のとこに遊びに行こうってやつです。自然と心も躍る。
公共機関の時間の正確さにおいては世界一の日本、その中でもピカイチの正確なダイヤを持つ新幹線が遅れるはずもありません。
定刻どおり11:50、もう3度目ですが京都の地に降り立つ俺。
春の陽気を連れて風が頬を撫でていきます。
鶯のさえずりと陽の香り。
いいなあ、こういうのだよ俺が欲しかったのは。
で、カレンさん。
どうしてソフィさんとナコさんがいるんスか?
なんか俺の知らないうちに色々と決まっていたみたいでびっくり。
陽の香りが瞬時に血の香りへと変わり、鶯の声はさながら銃声。

ナコさん「あ、そうそう忘れてた」













俺→kick←ナコさん










ゴング前にやられました。
というかこれが始まりを告げる号砲、見事なケンカキック。
俺も30年近く生きてきましたが、昼日中から公衆の面前で蹴られたのはちょっと記憶にない。
貴重な体験でしたがみんなはしなくていいからね?
あっという間にオフに早変わりしてしまった俺の京都旅行、(心情的には)ずるずると引き摺られながら地下鉄で移動です。
到着した駅で待つこと数分、なんとシャリフさん登場。
いやいやこれどういうことよって感じですが、元々今回の話はこんなところから始まったのです。

①俺が京都観光的に遊びに来ることになる
②カレンさんが別ゲームのお友達と京都人のシャリフさんを誘う。
③別ゲームのお友達は仕事により参加できず、シャリフさんも一旦断る
④ナコさんとソフィさんに話が回る
⑤シャリフさんもやっぱり参加

なんつーかユルい感じです。ちなみにどうももう一人参加するらしい。
カレンさんが直前になってブログで呼びかけしてて、そこに無記名で拍手がついたとの事。
まあ今更別に誰が来ようが驚きゃしないよ。
駅を出て外で待ってましたが、合流場所の認識にズレがあったらしくシャリフさんが捜索に出る。

俺「ところで誰が来るんですか?」
カレン「あ、ブログで無記名拍手つけた人で」
「そうスか」

普通さ、誰なのかここでもう少し突っ込んで聞くよね。
あっさり引き下がった俺のバカ。
そして現れる衝撃、誰が来てもとか思ってた俺が浅はかだった。

「すいませんー遅れましたー」

















スズメさんだとォ――――――ッッ!!

まったくの予想外、いや最初から予想を放棄してたけども。
久し振りにマジでサプライズさせられまして、俺も軽く混乱。
「シャリフ、シャリフはどこへ行った!?」
ごめんシャリフさん、呼び捨てにしちゃってたよ。
まあそれだけ混乱してたってことで勘弁してください。
そんなわけでオープニングからドッキリ尽くしのオフがようやくスタート、まずはいい時間なのでお昼です。
『はせがわ』っていうハンバーグが有名なお店。
4人席しかないのでグッパで4:2に分かれることになり、俺とソフィさんが同卓です。
西のオフ参加者の中でも随一の武力を誇るソフィさんですが、シラフでしかも一対一だと優しいんだぜ?
メッセや技能の話とか結構しました。あ、ハンバーグもうまかったです。

今回はそもそもオフというノリではなかったので、基本的には散策。
あっちを歩きこっちをぶらつき、通常のオフではまず通らないルートばかり行きましたね。
しかし歩き始めて数分、驚くほどにスズメさんが日光に弱い。
ナコさんと並んで歩いてるんですが、歩くペースは同じなんです。
ただその足取りの不確かさといったらもうね……必死に日陰を選んでいる姿は涙を誘いました。
で、到着したのが下鴨神社。
ここはね、綺麗なとこでしたよ。
背の高い木に青々と葉が茂り、陽の光を遮って涼しさえ感じる。
新緑の京都っていいなあと思った。
ここは十二支ごとに神様の社があってお参りできるんですが、基本的にはニコイチ。
二つだけ独立してるんですけど他は神様一人で動物二匹です。
そんなんでいいのかなと思いましたがあれだ、十二支ってのはダイレクトに年がばれるから。
俺はどうでもよかったんですが結局大きいところにお参りしただけでした。
その後は別の道から参道に入り、新たな地へ。
途中見つけた縁結びの祠にナコさんとスズメさんがスイーと向かいました。
それを見てた俺らにナコさんの暴言。

「なんか白い目で見られてる」

これが冤罪というものか。
実に酷い扱いですが、俺らも俺らで酷い。
「何か言い返してくださいよ」
「と、彼が申しております」
「あっひでえ」
醜い……なんとも悲しくなってくる。
こういう時こそ一致団結して巨悪に挑むべきです。
だから何か言い返してやれシャリフさん(最低)。

その後しばらくは緑の下を悠々と歩く。
これはちょっと真面目に言いますけど、あの時は『癒される』っていう言葉の意味を体で感じた気がした。
本当にいいロケーションでした。

ナコさん「邪念が消えていきそうですねー」
スズメさん「ナコさんが消えちゃう!」

笑った笑った。いくらナコさんと言えどそこまで邪念に凝り固まってはないでしょうに。
まあ俺も寸分違わず同じ事考えたんだけどね(蹴られたくないから黙ってた)。


後半へ続く。

テーマ:栗鼠ゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/22(水) 18:58:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<任天堂法務部でも呼んでくるかね。 | ホーム | まだ掃除は終っていない。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blackwind13.blog123.fc2.com/tb.php/159-aadc4080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒風

Author:黒風
False IslandのE.No412 Blackwind。
中の人はヘビーメタルと刀を愛する超甘党。

最近の記事

最近のコメント

Blogpet

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。